けせんぬまインターン生の日記21

【インターンでやってきたこと】

今回のブログでは、自分たちがこれまで何をしてきたのか簡単に説明したいと思います。

私たちがこのインターン期間中に達成すべき目標というのが、

『気仙沼完熟牡蠣のオイスターソースの売り上げを1年間で150パーセントにする種を生む』というものです!
オイスターソース
これがそのオイスターソースです。
当時、このオイスターソースや石渡商店について何も知らない自分たちは
事前にホームページを見て商品の値段やこだわり等を勉強してから気仙沼に来ました。

気仙沼に来てからは、
まず、海の市やさかなの駅などオイスターソースを取り扱っているお店を訪れました。
「どの年代の人」が「どんな目的」でオイスターソースを手に取るのかを知るためです。

この聞き取り調査により、わりと「幅広い層の人たち」が「お土産用」に買うことが多いことが分かりました。
また、商品に対するいろいろな声(高い、どうやって使うの?などなど)を聞き、商品の問題点が分かりました。

そこでその問題点を解決する方法として、
『気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース 使い切りお試し版(仮)』
を新たに作ることにしました!
消費者の声をできる限り反映し、どうやったらお客様に手に取ってもらえるかを考え作った商品です。
完成したらお店に並ぶので楽しみにしててください!

その後は、ターゲットを気仙沼のお母さんにしぼり
聞き取り調査を行いました。
細かくメモを取り、より正確な情報が得られるように心がけました。

今はその調査結果をもとに、どんな売り方をしたらより多くの気仙沼に住むお母さん方が手に取ってくれるかを考え、販売に向けて準備をしています。
以上がこれまでやってきたことのざっとした流れです。

また、これまで仕事を進めていく中、調査や打ち合わせ等でたくさんの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

《おにむら》